ブログカテゴリ: ブランドコラム

トリッペンの箱

trippen(トリッペン) ~ヨチヨチ歩き~

trippenの靴が人気の理由! trippenと聞いてやっぱり思い浮かべるのはこの世にひとつとして被ることのない独特な形をしたシューズたち。 そんな見た目とは裏腹にtrippenの靴はデザインが独創的なだけではなく、人 … “trippen(トリッペン) ~ヨチヨチ歩き~” の続きを読む

trippen(トリッペン) ~ヨチヨチ歩き~
ダンタンのシャツ

「Lin francais d’antan」の意味が込められた洋服たち。

Lin francais d’antanとは? Lin francais d’antan(ラン フランセ ダンタン)とは、フランス語で 「古き良き・往年の麻」 という意味。 時を経ても変わることな … “「Lin francais d’antan」の意味が込められた洋服たち。” の続きを読む

「Lin francais d’antan」の意味が込められた洋服たち。
ゴーシュのパンツのウエスト

ゴーシュで大人気のカツラギパンツ

皆様、ゴーシュのカツラギパンツをお持ちですか? シルエットが本当に素晴らしくトップスを引き立たせてくれるような、、でもきちんとパンツとしての主張もある不思議なパンツです。 そんな主役兼脇役のカツラギパンツを本日はご紹介し … “ゴーシュで大人気のカツラギパンツ” の続きを読む

ゴーシュで大人気のカツラギパンツ
アーツ-ソニアパーク

ARTS&SCIENCE~ソニアパークが発信するモノの魅力~

ARTS&SCIENCEはソニアパークが2003年にオープンしたショップのオリジナルブランドです。 はじめはヴィンテージアイテムや食器などの生活雑貨・日用品など、彼女が国内外で見つけてきた「好きなもの」だけを集 … “ARTS&SCIENCE~ソニアパークが発信するモノの魅力~” の続きを読む

ARTS&SCIENCE~ソニアパークが発信するモノの魅力~
オーラリー-メルトン素材

AURALEE ~こだわりのメルトン素材~

こんにちは、kiittiです! これまでのAURALEEの記事は見ていただけましたでしょうか? AURALEE(オーラリー)のニットを高価買取できる理由 AURALEE-最高品質のスウェット- AURALEE -上質な素 … “AURALEE ~こだわりのメルトン素材~” の続きを読む

AURALEE ~こだわりのメルトン素材~
オールドマンズテーラーのストライプ

糸から作る、ものづくりの姿勢 ~R&D.M.Co-のストライプ~

人となりを感じる、生の服 今でこそ巷でちらほらと名前を聞く、オールドマンズテーラー。 R&D.M.Co-とは「Research & Development Manufacture Co-」の略です。 … “糸から作る、ものづくりの姿勢 ~R&D.M.Co-のストライプ~” の続きを読む

糸から作る、ものづくりの姿勢 ~R&D.M.Co-のストライプ~
J&M

J&M DAVIDSON ~永遠のベーシックを掲げたバッグ~

J&M DAVIDSONとは? J&M DAVIDSONは、イギリスのバッグとレザーグッズのブランドです。 1984年にデザイナーのジョン(John)とモニク(Monique)の頭文字である&#822 … “J&M DAVIDSON ~永遠のベーシックを掲げたバッグ~” の続きを読む

J&M DAVIDSON ~永遠のベーシックを掲げたバッグ~
シャンボード

paraboot(パラブーツ)~モデル紹介~

数多くのモデル世に送り出すparaboot kiittiが過去にお買取りした一部から、主要な人気モデルをご紹介致します! CHAMBORD/シャンボード 日本で一番人気の名作中の名作。 ドレスにもカジュアルにも様々なスタ … “paraboot(パラブーツ)~モデル紹介~” の続きを読む

paraboot(パラブーツ)~モデル紹介~
パラブーツ

paraboot(パラブーツ)~ブランド詳細~

paraboot(パラブーツ)とは? フランスを代表するシューズブランド「paraboot」は、靴職人のレミー・リシャールポンヴェール氏によって創業されました。 当時の傷みやすい革の靴底に天然ゴムであるラバーソールに変え … “paraboot(パラブーツ)~ブランド詳細~” の続きを読む

paraboot(パラブーツ)~ブランド詳細~
エルベシャプリエGPライン

Herve Chapelierのリュクスな”GPライン”

以前も書きました[Herve Chapelierの記事]はすでに読んでいただけましたでしょうか? 今回は前回紹介の出来なかったエルベシャプリエのリュクスラインである”GPライン”についてご紹介しま … “Herve Chapelierのリュクスな”GPライン”” の続きを読む

Herve Chapelierのリュクスな”GPライン”